何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

2015-08-07から1日間の記事一覧

夏目漱石『思い出す事など 他七篇』の感想

随筆なので、収録されたタイトルを列挙して筋に代えようと思う。以下、収録作。 「思い出す事など」。「長谷川君と余」。「子規の画」。「ケーベル先生」。「ケーベル先生の告別」。「戦争から来た行違い」。「変な音」。「三山居士」。 このうち、漱石が修…