何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

三島由紀夫『仮面の告白』の感想

(2003年3月読了)

 三島のデビュー作。処女作は『花ざかりの森』でいいのかな。京都、湯河原への旅行中に読了した。

 告白という私小説的な語りのくせに完全なる創作という騙し。今思えば漱石っぽい文体かもしれない。

 同性愛者の幼少時の話など創作にしてはリアリティがある。“完全な世界の構築”という感じがする。これが自分が三島作品に対して抱いた最初のイメージだっただろう。 

仮面の告白 (新潮文庫)

仮面の告白 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする