読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

田山花袋『布団・重右衛門の最後』の感想

(2003年4月読了)

 自然主義文学というものをよく知らない。これが自然主義というものなのか。今の自分から見れば普通の小説という感じがするんだけど…。

 対立する概念を浪漫主義とするならば、現代においてはライトノベルが最も典型的な浪漫主義と言えるのかもしれない。

 それはともかく、『布団』は面白かった。姦通ものだがそれほど毒々しくもない気がする。『重右衛門…』は忘れた。なんか嫌われ者が殺される話だっけ。

 田山花袋は小説の他に温泉めぐりについての随筆(紀行文?)も書いてたみたいだし、その辺も読んでみたい。 

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)

蒲団・重右衛門の最後 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする