何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

島田雅彦『僕は模造人間』の感想

 ひねくれものの『仮面の告白』または『人間失格』(この小説の初読時、こっちは未読だったが)か。なんか最後の方で三島由紀夫とか出てきたし。

 こういうことを考えたことはあるが、ここまで徹底したことは無い。そういう意味では確かに小説だ。自分の意識・思考をしっかりと書かない(いつも「自分は~の人間だ」という規範に留まる?)ことによる行動の意味付け? という感じがする。 

僕は模造人間 (新潮文庫)

僕は模造人間 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする