読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

中川与一『天の夕顔』の感想

(2003年3月読了)

 新刊だと思って買ったら昔のものだった。帯にだまされた。

 一人の女に命を捧げるという男の生き様は、ある意味ではうそ臭いものだが、それでも心動かされる。そしてカバーにも文体にも共通する青い清清しさが手に持っていて嬉しい。 

天の夕顔 (新潮文庫)

天の夕顔 (新潮文庫)

 

 

広告を非表示にする