読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

椎名誠『わしらは怪しい探検隊』の感想

(2003年4月読了)

 椎名誠というと、ジーンズかなんかのテレビコマーシャルに出演していたのが自分にとって最初の記憶。

  それはそうと、これは小説ではなく冒険記かな? 「シイナ式ケーハク体」のお陰でどんどん読める。

 高校生の頃によく山に登ってたのだが、当時の山行を思わせる賑やかさ&切なさ。最後に成長した少年が彼女と車にのって去っていくのが何とも複雑な後味を残す。

 シリーズ化している探検隊シリーズだが、続ける意味はあったのだろうか? これだけで終わらせてもいい気がする。 

わしらは怪しい探険隊 (角川文庫)

わしらは怪しい探険隊 (角川文庫)

 

 

広告を非表示にする