何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

辻仁成『ピアニシモ』の感想


(2003年2月読了)

概要

 僕と他人には見えないヒカル。行き場の無い彼らが彷徨うのは都市の殺伐。若者の彷徨&暴力と逃避、という感じである。

感想

 確かに福田和也の言う通り、二重影と「あの女」→「母」などの変化だけで再生を表すのは、だいぶ安易だろうと思う。

 タイトルからもっと緻密な話かと思ったのだが、そうでもなかった。芥川賞受賞作なんだけどね。 

ピアニシモ (集英社文庫)

ピアニシモ (集英社文庫)

 

 

プライバシーポリシー /問い合わせ