何か読めば、何がしか生まれる

純文学からラノベまで、文芸メインの読書感想文です。おおむね自分用。

2016-05-08から1日間の記事一覧

志賀直哉『清兵衛と瓢箪・網走まで』の感想

「菜の花と小娘」「或る朝」「網走まで」という、解説の言う“3つの処女作”を含む作品集である。志賀直哉は高校時代に教科書か副読本か何かで「正義派」を読んだだけだったのを思い出し、ふと読みだした。 数が多いので、1作ごとに概要と短評を付す形で書こう…